« IMEで変換未確定や確定状態から入力状態に戻す機能について | トップページ | Webアプリで謎のエラー 0x80070057 »

2012年7月26日 (木)

かな入力で間違えて記号を入れてしまった時の動き

記号のいろいろがクッソMS-IMEでしたね。


「:@\]」と打って確定し再変換のため Ctrl+BackSpaceキー を押すと、「ころんたんかえん]」。
ksg。


試そう。
!"#$%&'()=~|    -^\@[;:],./\    `{+*}<>?_
  ↓ ↓ ↓
!”#$パーセント&’()=~|    -^円単価[点コロン],./円    `{+*}<>・_

うぉう書いてる最中に何を学習したのか漢字になりやがったぞ。
ksg。


まぁATOKはF11キーでひらがな⇔英字の相互変換ができるけど、MS-IMEはいろいろ設定見たんですがひらがな→英字の一方向にしか変換できないグズっぽいので、どうでもいいといえばどうでもいいんだけどなぁ。
ATOKなら最初のように「:@\]」と打ってしまっても、未確定状態でF11キーを押せば「げーむ」とひらがなへ変換できるという話です。もう一度F11押せばまた「:@\]」に戻る。


2014/01/13に書きました。

« IMEで変換未確定や確定状態から入力状態に戻す機能について | トップページ | Webアプリで謎のエラー 0x80070057 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かな入力で間違えて記号を入れてしまった時の動き:

« IMEで変換未確定や確定状態から入力状態に戻す機能について | トップページ | Webアプリで謎のエラー 0x80070057 »

AmazonSearch


最近のトラックバック

無料ブログはココログ