« 日本に無いハンディターミナルの話 | トップページ | かな入力で間違えて記号を入れてしまった時の動き »

2012年5月22日 (火)

IMEで変換未確定や確定状態から入力状態に戻す機能について

MS-IME はホントに我慢ならんよね。


僕はJISキーボードのかな打ちなので、
間違えて「ん゛」とか打って変換し、まだ確定していない状態で BackSpace で未確定・入力中の状態に戻すと、「ん”」という風に勝手に全角ダブルクオテーションを入力したことにされちゃうの。
しかも。確定させ、再変換ということで Ctrl+BackSpaceキー を押すと、「ん"」となって「”」と「"」で違いがあるとかいうわけのわからなさ。どっちにしろふざけた結果なので削除するし一緒なんですけど。


続いて。「ん゜」とでも打って同様にすると「んまる」になるの。アホかと。ひらがな展開とか何がしたいのか意味わからん。文字数増えてるし。
1キー間違えたのに削除に2キー必要なの。ひどい。なんの仕打ちか。
かな打ちだと「か゜゛」とかままあるよ?「かまる”」になるの。「が」に直すためにバックスペース3回押させられるの。
お前のキー入力が精度悪いせいだってか。はいその通りですなにもいうことはありません。


「ひらいている」を変換→「開いている」確定→ Ctrl+BackSpaceキーで再度未確定へ戻す→「あいている」。
アホ。アホとしか言いようがない。なんでやねん。
なんで前の状態に戻せる機能が付いてんのにその前の状態を覚えてへんねん。
アホや。


なんかさっきは逆に「あいている」変換→「開いている」確定(「空いている」にしたかった)→未確定へ戻す→「ひらいている」だったような気がして辟易してこの文章を書き始めたので、変な部分で学習しとるんかもしらん。
しかし単純に前の状態を覚えるだけであるべきなのに(ですよね?違いますか?)、なんでわざわざ逆変換なんて高度なことしようとしてアホな結果になっているんでしょう。ああ救いようがない。


家ではATOKなんですが、会社では当然有料ソフトを勝手に入れることができないのでしぶしぶ、指定されている MS-IME を使わざるを得ない。本当にやめてほしい。

二番目のなんかATOKなら間の「゜」一個消せば後ろの濁点も判別して「が」に直してくれるのになー。


2014/01/13に書きました。

« 日本に無いハンディターミナルの話 | トップページ | かな入力で間違えて記号を入れてしまった時の動き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IMEで変換未確定や確定状態から入力状態に戻す機能について:

« 日本に無いハンディターミナルの話 | トップページ | かな入力で間違えて記号を入れてしまった時の動き »

AmazonSearch


最近のトラックバック

無料ブログはココログ