« 文字列検索コマンドfindの限界 | トップページ | 日本に無いハンディターミナルの話 »

2010年12月 3日 (金)

Windows7のfindはちょっとだけ仕様が違うけどやっぱダメ

Windows7 の find ならば大丈夫かなと思っていろいろやってたら、1行の文字数が4096バイト以上だと、発見はできるけど表示はしてくれないw
2個以上の検索結果がある場合は、1個目が4096バイトで切れることによって改行コードがなくなって、その後ろに続けて表示されているので、コマンドプロンプトの問題ではない。

まぁ検索ではヒットするので、行数さえわかればあとはエディタで見てという流れなのでいいんですけどー。

findstr なら大丈夫かな。検索もできるし表示もされる。
findstr /N "検索文字列" 対象ファイル名 とか。 findstr /? ってすれ。


2012/10/01に書きました。

« 文字列検索コマンドfindの限界 | トップページ | 日本に無いハンディターミナルの話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7のfindはちょっとだけ仕様が違うけどやっぱダメ:

« 文字列検索コマンドfindの限界 | トップページ | 日本に無いハンディターミナルの話 »

AmazonSearch


最近のトラックバック

無料ブログはココログ